右肩の痛み 原因

右肩の痛みの原因

  スポンサードリンク

右肩の痛みがある時に原因なんだろう?って気になったことはありませんか?右肩だけの痛みや左肩だけの痛みの原因は、どんなものがあるのか書いてみます。右肩の痛み、あるいは、左肩の痛みといった片側だけの痛みの原因はいくつかあるようです。

 

 

大きく分けると整形外科的な病気の場合と、内科的な内臓からくる痛み(反射痛や内臓体制反射といいます。)痛みの原因が整形外科的な場合にしても内科的な場合にしてもどちらにしても辛いのですが、内科的な場合からくる右肩の痛みの場合は、重篤な内臓の病気の場合もありますので、注意が必要です。

 

 

セルフチェック方法は、「右肩を動かした時だけ痛む」「身体を動かした時だけ痛む」「寝返りを打った時だけ痛む」といったように動かした時だけ痛む場合には、筋肉や腱、靭帯、神経、骨などの整形外科的な要因からくる病気が多いです。

 

 

内臓疾患からくる右肩の痛みは、「安静にしていても痛みがある」「マッサージしても楽にならない」といった特徴があります。どちらの痛みかを見分けるのが難しい場合には総合病院へ行き診察を受けることをおすすめします。必ずしも安静にしていて痛い場合が内蔵からくる痛みとは限らないので注意が必要です。五十肩の炎症が強い時にも安静時痛があります。

 

 

右肩の痛みが出る内臓疾患は、心臓疾患や肺疾患(肺がん・肺腺癌)、胆嚢(胆石や、胆のう炎など)の異常、肝臓疾患(肝炎、肝硬変、肝がん)、十二指腸潰瘍、すい臓がんなどがあります。

 

 

肝臓に病気がある場合には、肝臓の上にある横隔膜が刺激されて右肩の動きが悪くなり、右肩の痛みにつながります。また、肝臓や胆嚢と大胸筋という胸の筋肉は神経的につながっていて肝臓や胆嚢が弱っている場合には右の背中や胸、肩に痛みが放散します。

 

 

右肩の痛みの病気の種類により痛みを発する場所が変わってきます。肝臓、胆嚢の場合には右の背中から肩甲骨、首の周辺に症状が出ますし、胆嚢炎や胆石の場合には、右上腹部から右肩甲骨に症状が出て痛みます。

 

スポンサードリンク



サイトマップ