ゴルフ 右肩の痛み

ゴルフでの右肩の痛み

  スポンサードリンク

ゴルフで右肩の痛みが出たっていう経験はありませんか?ゴルフ初心者の中にはラウンドが終わった頃に右肩の痛みが出てゴルフの翌日に右肩の痛みが強くなることがあります。右肩の痛みの原因が四十肩や五十肩だと思っている人もいるようですが、ゴルフ肩かもしれませんよ。

 

 

ゴルフ肩は別名スイングショルダーとも言い、肩周辺には8つの筋肉があり、スイング時の無理な動きによって起こる筋肉の炎症での痛みです。右肩の痛みの場合には、スイング時やフィニッシュ時に起こることが青奥、左肩の痛みの場合は、テイクバック時に起こることが多いです。

 

 

五十肩とゴルフ肩の右肩の痛みの違いは、五十肩の場合には外旋方向で痛みが出るのに対し、ゴルフ型の場合には外旋方向での可動域制限が見られないことが特徴です。外旋とは、腕を垂らした状態で親指を外側に向くようにひねる状態のことを言います。肩関節の外旋に関わる筋肉は、棘下筋、小円筋です。

 

 

スイングショルダーでの右肩の痛みの場合の痛む場所は、三角筋という方の付け根にある筋肉の前の方に痛みが現れることが多いです。そして、左右で肩甲骨の可動域に差が出ることが大きな特徴となります。

 

 

スイングショルダーにならないように予防するためには、左右の肩甲骨周辺のストレッチや上腕部のストレッチが効果的です。ストレッチは再発予防にもなるので、ゴルフの前後には十分にすることをおすすめします。

 

 

ゴルフ後の右肩の痛みが強い場合には、鍼灸、マッサージの治療院や、接骨院で治療を受けるのがお勧めです。右肩の痛みが強い時にはしばらく右肩に負荷をかける動作を避けましょう。そして、再発防止のためのストレッチを行いながら様子を見ながらゴルフを再開すると良いです。

 

 

ゴルフ肩での右肩の痛みは、正しくないスイングでの筋肉疲労によるものなので、正しいスイングの練習が再発防止につながります。初心者は、体の軸が安定、腰の回転がスムーズ、左右対称の動きを意識してフォームの練習をするのが良いと思います。

ゴルフで起こる右肩の痛みについての情報でした。

スポンサードリンク